wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

展覧会

大和文華館「聖域の美ー中世寺社境内の風景ー」

本日は組合執行委員会、金曜日の職場といい組織はいろいろ疲れる…。ただ出かけるついでにたまたま見つけた表題の展覧会を観覧。高野山・日吉・園城寺などを描いた作品が並び見応えがある。不勉強で全く知らなかったが、14世紀に醍醐寺周辺で作成されたという…

途中下車博物館ツアー

さてもともと東京行きは10月末に予定していたのだが、仕事の関係で一週間延ばすことになり、東京にとっていた宿もキャンセル。その際には東大史料に寄るつもりだったのだが、11月からの閲覧方法がなかなか開示されなかったため(結局は前日予約でOKになった……

両国

代休などで水木と連休ができたので懸案になっていた東京刀剣博物館で史料調査。対応は事務的で悪くなかったが、事前に三冊だけしか指定できないので結局進展なし。とりあえず蔵書目録を手に入れたのでもう一度ぐらいはチャレンジしてみないといけないがなか…

京都市考古資料館「御土居 洛中洛外のはざま」

本日は京都で開催の学会に参加。午前中4報告のうち、1報告で直接関係ないのにわざわざ当方の旧稿を引用していただいておりありがたい限り。また別報告で質問させていただき、解答は不満だが報告からは大変重要な示唆を受けた。昨日まで仕事が続き今週は雨予…

龍谷ミュージアム「日本の素朴絵」

昨日の学会参加の合間に観覧。もともと出品目録で15・16世紀の絵画がそこそこあるのを確認していたため。「素朴絵」とはリアリズムを追求した西洋美術に対して、ゆるい・かわいい・たのしい美術だということとし、16世紀を最初のピークだと評価。ただ西洋と…

兵庫県立歴史博物館「お城ができる前の姫路」

そういうわけで職場は先日の休日出勤の振り替えで休みにしていたのだが、この間がすれ違いばかりで今後について調整が必要だったので立ち寄り、先週末から開催の特別展をそれなりの時間をかけて観覧。現在の姫路市域の中世史にかかわる仏像・絵画・絵巻・文…

島根県立古代出雲歴史博物館「たたらー鉄の国 出雲の実像ー」

木曜日から山陰に出かけており、本日帰阪。詳細は明日記すが、とりあえず表題の展覧会のみここでは紹介。タイトルはややわかりにくいのだが、たたら製鉄の成立過程を「中世」に探るというのがメイン・テーマ。第1章「こうして鉄は生み出された」が完成形を絵…

京都文化博物館「洛陽三十三所4」

本日は大谷祖廟へ父の納骨。母がどう思うかわからないが、隣に並ぶわけでもないので我慢してもらうことにする。そんな中でタクシー利用の口実を作るためということもあって、表題の展覧会を観覧洛陽三十三所4 ―信仰のかたち― | 京都府京都文化博物館。すで…

兵庫県立歴史博物館「へんがおの世界」

本日はルーティン姫路、間近に迫った破綻の前の「日常」を本日も無事終える…。ということで昼休みに観覧した夏の特別企画展の紹介https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2019-pl1.html。主な展示品は近世から明治にかけての浮世絵などにみえる…

京都博物館二題

本日は中百舌鳥朝一。その後は昼食用に割引サンドイッチを購入して地下鉄に乗ったが、鞄を確認すると金券屋で購入していたチケットが見当たらない。別の鞄から移すのを忘れるという大ミス。仕方なく途中で下車し自宅に戻り買い物を済ませるも、やはり気を取…

兵庫県立歴史博物館「五大浮世絵師展」

本日はルーティン姫路、ということで先週土曜日開幕の特別展の紹介https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2019-sp1.html。コレクター所蔵の巡回展ということで、喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳のよく知られた優品146点…

関西大学博物館「徳山喜昭コレクション展高札をみる、よむ」

本日から春の非常勤講師業務が開始、月曜は大人数講義と史料講読、前者は終了後に少しトラブルがあったが無事解決、後者は本日14名だがガイダンスを経て来週どれだけ残るかが焦点。そんな中で表題の春期企画展を観覧してきたのでその紹介https://www.kansai-…

京都文化博物館「北野天満宮 信仰と名宝」

本日は組合が支援する裁判の判決のため京都地裁へ。公判は一年半以上続き期待も高かったのだが結果は敗訴。専任との手当をめぐる差別を訴えたものだが、「著しく不合理とはいえない」が乱発された作文が理由…。おかげで気分よくとはいかなかったが、表題の展…

奈良国立博物館「鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興」

本日は野暮用で出かける必要があったため、ついでに足を伸ばし奈良へ。実は律宗について少し書いているにもかかわらず、HPもみるまで唐招提寺中興の祖とされる覚盛について全く意識していなかったため出かけたものhttps://www.narahaku.go.jp/exhibition/201…

兵庫県立歴史博物館「近代日本と兵庫のあゆみ」

本日昼休みに観覧。兵庫県政150周年記念シリーズの最後で、今回は国立公文書館所蔵の県政関係の行政文書を中心に、当館の近代絵図を加えたものhttps://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/h30-150.html。鉄道開通・兵庫県設置・神戸市や姫路市の誕生な…

姫路市埋蔵文化財センター「白鷺飛翔ー姫路城築城前夜」

本日はルーティン姫路。ただ時間年休の余りがあったので午後休をとって表題の展覧会を観覧http://www.city.himeji.lg.jp/maibun-center/exhibition.html。中世後期の姫路城下町遺跡下層・坂本城跡・置塩城跡・御着城跡・羽柴秀吉姫路城と城下町・池田輝政姫…

兵庫県立歴史博物館「姫路今むかしpartⅢ」

例によって居候させていただいている博物館の特別企画展の紹介https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2018-pl2.html。本日の昼休みに半分だけ観覧したが、大変興味深いもの。明治末の修理直前の荒れ放題の姫路城と、国宝指定後の小学校国語読…

関西大学博物館「瓦経展」

本日は講義と史料購読の定期試験。その序でということで表題の展覧会を観覧http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/info/detail.php?i=293。展示点数は少ないが、かの百万塔陀羅尼、平安の泥塔、三河普門寺の経筒、室町の礫石経、経塚の瓦経片など興味深いものが…

兵庫県立歴史博物館「近現代兵庫の災害史」

本日は1.17から24年。思えば随分と時が経ったものだ…。そういうわけでお世話になっている機関の展示を紹介https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/h30-150.html。嘉永南海トラフの瓦版・大正北但馬地震および戦前の室戸・阪神大水害の写真などが展…

兵庫県立考古博物館「装飾大刀と日本刀」

本日は同館へ公務出張。結果は微妙だが、いろいろ勉強させてもらった。業務終了後に観覧させていただいたのが表題の特別展http://www.hyogo-koukohaku.jp/events/p6krdf0000006x3k.html。メインは古墳時代の装飾大刀で、前史として弥生時代に石・青銅・鉄製…

神戸市埋蔵文化財センター「神戸はかつて焼き物の里だった」

本日は某研究機関の文書撮影に同行させていただいて三木市法光寺へ。『兵庫県史』に所収のもので何れも軸装されており、じっくり熟覧することはできなかったが、やはり原文書の迫力は大したもの。午後は別の場所へ向かわれる一行と別れて表題の展覧会を観覧h…

和歌山県立博物館「西行ー紀州に生まれ、紀州をめぐるー」

本日は湯浅で見学会、和歌山市内に戻り表題の施設で研究会。昼食の時間すら設定されていない慌ただしいスケジュールだったが、大学院時代の先輩など久しぶりにお目にかかる方もあったうえ、従来の湯浅氏のイメージもかなり変わった印象。その狭間の20分で表…

国立国会図書館「本の玉手箱」

本日は一日中雑誌めくり。刀剣銘文のほうはだいたい目処はついた実感、ただ未完の刀剣書が全く手つかず。ホテルでサービス朝食をがっちり食べたため、途中売店で抹茶アイスを買っただけで、請求・一部返却・再請求・コピー申請・再請求分の引き取りを繰り返…

東京国立博物館「京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

本日の講義は休業日、ということで国会図書館で刀剣雑誌めくり。ただせっかくなので朝6:43発の新幹線に乗り表題の展覧会を観覧https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1914。周辺とはいえ二本論文を出しているという事情もある。表題にあるよ…

堺市博物館「土佐光吉」

本日、実家の様子見のついでに立ち寄ったもの。職場に招待券があるのを見つけたためで、全く下調べはしていなかったのだが行った甲斐があった。よく知られている足利義輝・三好長慶などは勿論のこと、町人の白描画、それも「きつや道久内」・「あかね屋そう…

茶道資料館「酒飯論絵巻」

昨日朝、学会参加前に観覧http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinow/tenji.html。開館直後ということもあり、存じ上げない先生案内の団体以外はおらず、短時間ながらじっくり鑑賞でき、久しぶりにお茶のお点前も頂いた。国内所蔵の全八品が集…

兵庫県立歴史博物館「ほろよい・ひょうごー酒と人の文化史ー」

本日、職場の昼休みに半分だけ観覧https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2018-sp2.html。出品点数213点という盛りだくさんなもので、酒造りの過程・杜氏の動き・伊丹酒のブランド化の過程・江戸への流通・酒造家の家族を含む人間関係・酒をモ…

京都文化博物館展示4題

本日は久しぶりに京都へ。メインは10月の報告に向けての古文書閲覧で、予想以上のドンピシャ案件。データ頒布が九月半ばになるのは痛いが、何とか形にはなりそう。できれば現地にも行きたいのだが、何しろ足がない…。そのついでに表題の博物館に立ち寄り、い…

兵庫県立歴史博物館「ふしぎジオラマミュージアム」

本日はルーティン姫路。夏バテ寝不足で業務はフラフラだったが、昼休みに表題の特別展を観覧https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2018-sp1.html。館所蔵の入江コレクションと海洋堂フィギュアミュージアム黒壁蔵品をあわせて、19世紀西欧で…

兵庫県立歴史博物館「線路はつづくーレールでたどる兵庫五国の鉄道史ー」

居候させていただいている博物館の特別企画展https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2018-pl1.html。近代兵庫の鉄道史をレールに焦点をあてて描いたユニークなもの(担当学芸員の専門は考古学)。各地に残る古レールの再利用の写真が集めらた…