wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

井上文則『シルクロードとローマ帝国の興亡』

曜日の巡り合わせで秋の講義は明日から、ただしばらく遠隔のため本日はビデオ作り。ただ少し間があったのと、積ん読がたまってきたという事情で読みさしの表題書を片付け。講義でさして扱っているわけではないのだが、評判を見かけて衝動買いしていたもの。表題はシルクロードとあるが、実際は紅海からインドへの海路のことで、ローマ帝国からはガラス器・葡萄酒・珊瑚が輸出され、南アラブ・東アフリカの香料、インドの胡椒、中国の絹が輸入され、莫大な関税収入が帝国にもたらされ、富裕層も投資など間接的にせよ関わり都市の繁栄をもたらしたという。あとがきで「試論」と著者自身が記すように数字操作にはかなり無理があるように見えるが、交易の様相そのものは興味深いところ。また2世紀にそれが急激に衰退する(近年の気候変動の議論は取り入れられていない)ことによって、帝国そのものが財政難に陥り(ゲルマン人に「年金」が支払われていたというのは初めて知った、宋代と同様か)、特に脆弱な西ローマがあっさり滅亡することになったという。キリスト教の隆盛については気になるところだが(こちらは講義に含まれる)、時代イメージは勉強になった。ただ「日本語のシナ」なる表現はいただけないところ。この前紹介したものもそうだが、いまどきの歴史学者は専門から離れるとかくも通俗的な表現をするものらしい・・・。

文春新書『シルクロードとローマ帝国の興亡』井上文則 | 新書 - 文藝春秋BOOKS

藤尾慎一郎『日本の先史時代』

本日はルーティン姫路。この間にポツポツ出かけることもあって、秋の講義に向けて購入していた表題書を読了。書き出しから「令和おじさん」やら、「江戸時代は1603年に江戸幕府が成立してから」、岡山大学教授の近藤義郎(別のところでは肩書きなし、なお当方も単位をいただいたがはるか前の物故者)など地雷が続きどうかと思ったが、全体としては旧石器・縄文・弥生・古墳の移行期について、それぞれがどう認識され定義されてきたのかを戦前以来の学史を振り返った上で、現段階での争点が示されており非常に有益で、土器成立の炭素年代の評価も列島を突出させるような表現にはなっていない。秋は二つの科目でこの間の問題を取り上げることになっているが、弥生から古墳への説明はすでに旧説に属してしまっている。「ただ近畿の優位性などは存在せず、大和はただ土地を貸しただけ」とまでいわれると戸惑いは大きい・・・。とはいえ図版も利用させてもらいスライドも作り替えなければならない。

日本の先史時代|新書|中央公論新社

森先一貴『日本列島四万年のディープヒストリー』

本日は久しぶりのお座敷。港の位置の変化と維持管理を文献から検討するという余りにもマニアックなもの。某企画の関係で特別参加されていた方々も挨拶だけで帰られたぐらい・・・。それはさておきタイトルだけで衝動買いしてしまっていた表題書の読みさしを読了。副題に先史考古学からみた現代とあるように、旧石器・縄文の考古学研究の成果から、列島文化の豊かな成果を強調し、列島内の多様性、定住生活の影響、四季の営み、旧石器時代の陥し穴の意義、石器技法からみた身体性、虫歯、社会の稠密化などといったテーマについて、リモートワークも含めた現代の諸問題と対比させながら論じたもの。一節ごとに参考文献が記され読みやすいのだが、そこまでの卓見は感じられず、日本の遺跡の評価についても疑問。土器の成立について東北アジアがもっとも早いと理解していたが、本書では炭素年代から日本列島で16500年前から、黒竜江省で15000年前・アムール川で14000年前として、日本列島の古さが強調される。『国民の歴史』に立ち返ったような議論だが、そもそもこの時期の列島は大陸とつながっており、炭素年代の出方、日本における発掘調査の頻度、遺跡の残り方なども考慮すべきではないか。著者は単純な縄文賛美論に与しているわけではないが、古びたヨーロッパ中心史観をことさら取り上げて対比させるのは、文化庁にも出向した本流研究者として危うさを感じるところ。

朝日新聞出版 最新刊行物:選書:日本列島四万年のディープヒストリー

佐橋亮『米中対立』

本日は公務出張で淡路島。朝は一時間ほど雨の中自転車、太陽に照りつけながらのぼる坂道など、かなり疲れたがようやくイメージはつかめてきた。いつもと違って帰路は眠くならなかったため表題書の備忘のみ片付けておく。秋の講義の締めがなかなか決まらないまま(とりあえず対面の方針)、衝動買いしていたもの。国交正常化からバイデン政権までのアメリカの対中政策を跡づけたもので、2000年代まで積極的に便宜を図る関与政策が主流だったが、貿易戦争(市場としてコミットしていた経済界の転換)・露骨な人権侵害がリベラルから宗教右派まで幅広い結集をもたらし、強硬政策に転換していったとして、最後に今後の行方と日本のとるべきパワーと価値観(自由で民主的な社会)の連立方程式が展望される。アメリカのさまざまな利害関係者の動静が示され、全体を理解する上で有益。ただ90年代には経済は日本(中国を標的とした大統領選のプロパガンダCMも、かつて日本版があったと記憶する)、国際政治はイスラームとの対立が強調されていたはずで、そのあたりの変化もみたかったところだが、無い物ねだりか。それはさておき地球温暖化問題が最優先される国際社会は実現されそうにないようだ。

米中対立|新書|中央公論新社

国会図書館複写料金値上げ

本日、『海東諸国記』に登場する各地の通貢者全て対馬宗氏のでっち上げという2002年の論文複写が到着。別の論文の注で知ったのだが、ここまで重大な論文を見落としているという情けなさ。それはさておき複写料金・手数料が10月1日から値上げされるとのこと。もともと関西館セルフでも15円+消費税という、公共図書館が10円(税込み)からすると割高。しかも申請して職員がおこなう本館・遠隔複写はB4まででなんと24円もかかり、刀剣関係では結構な額をつぎ込むことになった(当然私費)。原価から考えて高過ぎで、非正規と思われるコピーを担当する職員が9円を丸々もらっているとも思えない(本館では一人一時間500枚はしているはず)。収入がどう扱われていて、なぜ今回値上げする必要があるのか説明ぐらいあってしかるべきでは。

https://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2021/comparison_of_copying_fee_jpn.pdf

木宮正史『日韓関係史』

本日は調査出張予定を雨で延期することにして、姫路出勤。予想以上にヘロヘロだったが、衝動買いしていた読みさしの表題書を読了。冷戦期の経済力の圧倒的な格差という非対称的かつ米陣営の一員としての相互補完的な関係が、冷戦の終焉と韓国の経済成長で対称的な関係が到来し、2010年以降は対称的で相互競争的な関係に至ったとするもの。近年の政治学の特徴的な方法なのだろうが、あるものをそのままニュートラルな存在として捉え、その力学的変容(いわゆるゲーム理論)によって分析し、最後に対中・対北朝鮮での共通の利益を指摘することで、「善意の競争」を求めている。全体構図としてはわからないわけではないが、方法的には大きな疑問。国際的な立ち位置としては韓国のほうが大きく変化してきているため、それを日本の保守政権は好ましく思わないので、問題が突きつけられるという構図に終始してしまう。小林よしのりからはじまる嫌韓には一切触れられず、「歴史戦」も注釈なく用いられ、世論の現状がそのまま提示。途中で西側の価値観なるものにも言及されるが、立場の相違が列挙されるだけでそれを止揚した「公正」が追求されることもない。はたして損得を説くだけで現状が打開できるのだろうか。そんなことは思って書いていないと言われればそれまでだが、恩師だとする坂本義和氏からは随分遠くなったように思える・・・。

日韓関係史 - 岩波書店

キネマの神様

衛星で監督を招いた特集を観たこともあり、本日1000円で観覧。松竹100周年記念ということで、1950年代後半の撮影所の青春群像とその50年後としながら、コロナ禍の映画館を入れたかったためか最後は2020年、主人公78歳という根本的な矛盾があるのだが、テンポはさすがで、チョイ役の人選や主人公の持ち歌も、ならではというところ。ただ夢破れ、アルコールとギャンブルにまみれながら、家族に支えられましたというのは、ギャンブルを大学で卒業した以外は似た身としては、素直に受け入れられないところ。

movies.shochiku.co.jp