wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

斎藤英喜『増補いざなぎ流祭文と儀礼』

本日は組合の雑用で大阪へ。途中で書店に寄り積ん読が増えたこともあり、電車読書中の本書を帰宅後も読み進め読了。昨年文庫化されているのを書店が見かけ、衝動買いしていたもの。高知県物部村で祈祷活動をしている現役の太夫(2000年に88歳で逝去)に密着取材し、2002年に刊行された同名書に、その後の研究状況を示す補論二篇と著者自身のあとがきを加えたもの。陰陽道をベースとして修験なども採り入れた山の神祭祀、「中世神楽」と概念化される宅神祭、病者祈祷、奥義的な呪詛にいたるまで、祭文テキストと太夫の活動からその宗教性のあり方に迫り、教えられた最奥義についてはあえて触れないというところまで、著者の体験と合わせて、細切れの電車読書ではあるが何となくそのあり方を感じることはできた。ただ太夫たちの日常生活(専業で食べていけるのか)、祈祷を依頼する家の事情などについてはよくわからなかった。そもそも昨年史料調査を実施した中世槇山(大忍荘)で活動していたというのが購入の動機だったが、その点は補論で紹介されている小松和彦『いざなぎ流の研究』が中世以来の歴史的展開を描いているらしい。なお阿波南部から当該地域にかけては濃厚な民俗宗教が土着しており、それが先入観となって文献史学者が伝来文書を偽文書視するようにもみえ、そちらもおさえておく必要があるかもしれない。

http://www.hozokanshop.com/default.aspx?keyword=hozokan

パラサイト 半地下の家族

本日は大阪市内で団交、採点も終わっていたため昼間に表題の映画を鑑賞。アカデミー前から評判は聞いていたのだが時間がなく、ポップコーンの音が聞こえる大スクリーンで観ることに。「万引き家族」と同様に貧困・つかの間の幸せ・破局という展開だが、こちらのほうがストレートに格差社会を描いた印象。ただテンポはさすがで、破局と思わせてもう一つの半地下を浮かび上がらせるところからのドタバタ・北朝鮮ギャグ・ラブシーンという怒濤の展開、その後の明暗の対比など、飽きることなく引き込まれる作品、そのあたりがアカデミー受けしたところか。

映画『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイト

渡辺信一郎『中華の成立』

本日は2.11。ここでしかお目にかかれない方々と今年もご挨拶、内海愛子氏の講演も白人捕虜に個人補償が行われていた事実など、いろいろ勉強になった。そんな中で先年衝動買いしていた表題書をようやく読了。新石器時代から唐代までを国制の展開を軸に叙述したもので、天子・皇帝・可汗・金輪聖王という称号によって「中国」の領域の拡大・変容を示す。また均田制・唐代兵制などの通俗的理解を1000年の誤解として否定。直接専門ではないため断言できないが、これは日本古代史にも影響を与えるような気もする。なお新書体では無謀といえる長期間を叙述しているため、周辺世界との関係そのものは全く捨象されており、それらは別の巻で取り上げられるとこと。執筆者も魅力的でしばらくは付き合う必要がありそう。中華の成立: 唐代まで (岩波新書)

兵庫県立歴史博物館「スケッチでたどる兵庫の建築と景観」

本日昼休みに観覧。姫路で中学校美術教師だった故内海敏夫氏によって1980年代から90年代に描かれた古民家・街並みの水彩画と、兵庫県の建築職員だった沢田伸氏が建造物を黒ボールペンで描いた1990年代から近年までの作品をあわせて展示したもの。特に前者にはすでに失われたものもあり、但馬で広がった三階建て養蚕農家建築については初めて知った。また同じ風景を両者が描いたものも、手法の差異が際立って興味深いところ。図録はありませんが、観覧者全員に「公式ガイドブック」が配布されます。例によってチケットに余分はありますので、面識にある方は声をおかけください。

https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/official/ex-2019-pl2.html

桃崎有一郎『室町の覇者足利義満』

本日は枚方の定期試験。例年通りアンケート結果が悪く、また反省文を書かされると思うと憂鬱…。このために雇われているとはいえ、いい加減カリキュラムを変えてほしいところ。そんな中で久しぶりに専門がらみの電車読書の備忘。三月刊行予定の原稿に何かあったらと購入してみたもの(結果的には特に接点はなし)。近年の義満論が周囲の状況によってつくられたという側面が強調されてるのに対し(小川剛生説が典型)、今谷説を継承するようにみえる自ら権力を構築していく主体性がこれでもかというほど強調されている。その中間的な早島説は参考文献にも挙げられていないが、それらの論者がどう反応するかは見もの。ただ観応の擾乱から義教まで一貫した論理で説明している点は強みで、天皇との関係性に規定された存在と捉える点で家永説の一側面を膨らませたものともいえる。もっとも著者自身は研究史の流れに乗ることは意図的に嫌っているように見え独創性が強調される。ただ史料編纂事業も含め、多くの蓄積の上にあることは一般書だけにより自覚的であってほしいところ。

室町の覇者 足利義満 (ちくま新書) リンクを追加しました

淡路由良

昨日は淡路出張。ただし古代史のシンポの裏方で会場内には一切入らず。夜に懇親会があったため、そのまま私費で一泊し本日は巡検で念願の由良へ連れて行っていただく。写真を整理していると2007年に一度通っていたようだが、その記憶は全くなし。ところがその後に材木流通を考えるようになり、四国材木の中継点としての重要性に気づき、いくつかの論文でも取り上げた。その際に某歴史地理学者から「あそこは貯木場だったんですね」といわれ、一度実見してみたいと熱望し今回実現した次第。同所は三好氏以来の城郭(古城)があり、豊臣期には成山に新城も建設されたが、寛永11年に洲本に拠点が移される。明和3年には従来の東側の湊口が土砂堆積の影響を受けるため、北側に新川口が開削され成ヶ島と呼称されるようになった。文政6年には南側に今川口も開削され、幕末から明治にかけては台場建造のため、新城も破壊され、石垣も転用され現地の正確な縄張りは不明となっている。今回は渡船で島に上陸するとともに(300円)、現地を熟知した方に案内していただき大変有益。その詳細は省略するが、かつての新城跡からの眺望はまさに絶景(瀬戸内海国立公園の構成要素)。大阪湾口の要衝であることが実感できた。南に向かって正面は今川口、砂州で囲まれた内海がみえ、右側(西)が由良町、左には友が島が見え、紀淡海峡の押さえる位置にあることが実感できる。

f:id:wsfpq577:20200202221215j:plain

 

後藤健太『アジア経済とは何か』

本日はルーティン姫路、雨のため六時起きだったものの電車はすべて座れ爆睡。ただ午後は猛烈な睡魔に襲われヘロヘロに。そんな中で帰路にようやく読了したのが表題書。来週の講義で取り上げる70~00年代史のために衝動買いしたもの。第二次大戦後から今日までのアジア経済の動向を、90年代前半までの日本経済を中核とした雁行形態、繊維産業から順に展開するフルセット生産から分業型のグローバル・バリューチェーンによる生産体制への移行、2000年代の汎用部品の組み立てによるモジュール化による台湾・韓国・中国企業の躍進という動向を示したもの。そのなかで「選ぶ日本」から「選ばれる日本」になったとはいえ、多様性を受け入れることで暗黙知などの蓄積を活かしてともに未来を築いていくべきだとする。やや楽観的な印象も受けるが、技術の変化と経済構造をあわせて説明している点はいろいろ興味深いところ。講義に直接的に利用はできないが、ある種の下支えにはなった。

アジア経済とは何か-躍進のダイナミズムと日本の活路 (中公新書)