wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

中野耕太郎『20世紀アメリカの夢』

本日は枚方3コマ。先週が休みだったこともあり最後はヘロヘロになったが、何とか終える。電車読書のほうはシリーズアメリカ合衆国史の三冊目で、1901年から72年までを扱ったもの。1932年のフーバーまでで半分強の分量となり、この部分は共和党民主党の性格、さまざまな社会運動、第一次大戦期の動向など、いろいろ知るところが多く勉強になった。ただ残り半分弱で72年まで論述するのは、世界への関わり方と比重が異なりすぎ余りにも無茶で、外交・内政・社会運動何れも中途半端な印象を受けざるをえない。ただ最後に20世紀初頭の革新主義がどのように展開したのという視点で全体が6点にわたってまとめられており、一書としての体裁は整えられている。

20世紀アメリカの夢: 世紀転換期から1970年代 (岩波新書 新赤版 1772 シリーズアメリカ合衆国史 3)