wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

あべのハルカス美術館「奈良西大寺展」

本日は老親の入院手続きの署名などのために実家へ、「接待」で酔っ払ってしまい、回数券・印鑑・USBなど全て忘れて帰ってしまう。せっかく某原稿の先行きが見えたのに、送ってもらうまでいろいろ不便でどんよりとした気分。気を紛らすために、本日出かけた表題の展覧会の備忘。巡回展の一つで美術品中心http://saidaiji.exhn.jp/。初見だったのが白毫寺蔵重文の「興正菩薩像」で、著名な国宝西大寺蔵木像が正面を向いているのに対してややうつむき加減なのが印象的。画像についても著名な西大寺所蔵の倚子に座った禅宗高僧スタイルの他に、同じ西大寺蔵でも倚子に座禅スタイルで座り下に靴を置いたもの、称名寺蔵の靴をおき畳に座禅を組み密教の法具をもったものなど、多様な構図があり興味深い。その他に般若寺蔵の「文殊菩薩騎獅像」は元亨四年作の文観の指導で「金輪聖王、御願成就」との銘文があり後醍醐の倒幕との関係が推測されるなどいろいろ興味深かった。台風一過の平日午後でもそれなりの日本人観覧客はみられたが、混んでいるという程ではなく堪能できた。