wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

山田徹・谷口雄大・木下竜馬・川口成人『鎌倉幕府と室町幕府』

本日は枚方3コマ。終わるとヘロヘロ、こちらはすでに57才。電車読書は当方を引用していただいた中世もの。順に1980・84・87・89年生まれの研究者が、両幕府それぞれの公家寺社との関係・地方支配・滅亡をめぐる近年の研究を整理し、最後に座談会で構成。ただ鎌倉幕府は一人が全て担当し、室町幕府研究のいちじるしい発展を照射したもの。近年の研究史の整理としては丁寧だと思うが、研究発展の前提としてはマルクス主義うんぬんよりも(もともとこの分野の基礎をつくったのは東大実証史学)、自治体史・ネット検索など史料状況の好転が圧倒的(当方も手を出してみると、大日本史料七編の空白期はそれほど進展しているようには思えない)。当方が研究を始めた頃は手書き史料カードだったというのも、すでに想像がつかない世代だろう。また精緻な分析が社会とどれだけ接点を持ち得ているのかは改めて見つめ直す必要があるようにみえる。

鎌倉幕府と室町幕府 山田徹、谷口雄太、木下竜馬、川口成人 | 光文社新書 | 光文社