wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

尼崎市立博物館「尼崎城を掘る」

企画展が来週までということで、観覧に出かける。開館以来第三回目で第二回目は行けなかった。1987年以来、開発のたびに調査が重ねられてきた(紹介されている最新は110次)成果を紹介したもの。鯱瓦から日常雑器まで、土人形、高級塩の商標つき焼塩壺(なぜか堺が目立った)なども展示。中世の瓦も出土しているようで本興寺跡と想定されている。なお常設展示でも寿寧院所領目録(四行ぐらいでの折本というのは初めて知った)などいくつかの文書や、大物遺跡など三ヶ所から出土した鎌倉期の「蘇民将来札」などもあり興味深いところ。なお写真は大物にあり、近く取り壊し予定の尼崎紡績本社事務所。尼崎城を掘る | 開催一覧 | 展示 | 尼崎市立歴史博物館  

f:id:wsfpq577:20210829212102j:plain