wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

渡辺信一郎『中華の成立』

本日は2.11。ここでしかお目にかかれない方々と今年もご挨拶、内海愛子氏の講演も白人捕虜に個人補償が行われていた事実など、いろいろ勉強になった。そんな中で先年衝動買いしていた表題書をようやく読了。新石器時代から唐代までを国制の展開を軸に叙述したもので、天子・皇帝・可汗・金輪聖王という称号によって「中国」の領域の拡大・変容を示す。また均田制・唐代兵制などの通俗的理解を1000年の誤解として否定。直接専門ではないため断言できないが、これは日本古代史にも影響を与えるような気もする。なお新書体では無謀といえる長期間を叙述しているため、周辺世界との関係そのものは全く捨象されており、それらは別の巻で取り上げられるとこと。執筆者も魅力的でしばらくは付き合う必要がありそう。中華の成立: 唐代まで (岩波新書)