wsfpq577’s blog

日本中世史専攻、大学非常勤講師・研究員などとして生活の糧を得ていますが、ここでの発言は諸機関とは全く無関係です

「少女は夜明けに夢をみる」

大浴場でさっぱりしたので、ハイボールを飲みながら晩の備忘もあげておく。このところ東京の史料調査は神田で時間を潰し岩波ホールが定番になっており、今回も表題の映画を鑑賞。イランの少女刑務所を題材にしたドキュメンタリーという超レアもの。最初から超パウダースノーの雪遊びという意外な展開から入り、赤裸々なトークが繰り広げられるが、内容は虐待・薬物などつらくなる話ばかり。むしろ国内公開が不許可だとしてもなぜこの取材が許されたかすらという内容で、日本の刑務所もおそらく許可はしないだろう。しかも還るところは家族しかないという悲惨さで、少年法がなくなれば日本も完全にそうなるのだろう。もっとも上映後のトークショーで当方も名前だけは知っていた虐待の専門家は、赤裸々トークすらできないほど抑圧されているのが日本の現状で、法体系は家族一択と述べていたので、さほど変わらずというところか。なおトークショーは司会が映画の補足をしていたのでためにはなったのだが、あまりにもイランから日本に引き戻された感はある。http://www.syoujyo-yoake.com/